大げさではない話し【UNITED】

いつ、どのように人生が動き出すか、予測するのはとても難しいです。

人が羨むような、天才的なサッカーの才能をもつ子どもを、見てきました。

若い世代の日本代表に選出され、将来を期待されていた選手もたくさんいました。

でも、ほとんどの選手は、サッカー選手になれませんでした。

なかなか芽が出ない選手も、本当にたくさんいるんです。

努力しても空回りばかりで、みんなに迷惑をかけっぱなしの選手もいました。

でもそんな中から、プロサッカー選手になる夢を叶え、日本代表になった選手もいます。

実際、そんな姿になることを、だれも想像していませんでした。

今回のワールドカップでの日本代表の躍進、とても素晴らしいです。卓越した技術をもつ、たくましい選手ばかりです。

こんな時だからこそ、あらためて指導者のみなさんに、考えてほしいことを書きます。

はやくから、子どもの能力を決めつけないでいただきたい。

どれだけ多くの子どもが、今なお指導者の篩にかけられ、夢を奪われていることか。

しかもその現実は、加速しつつあります。

正直に言います。私も過去、子どもを篩にかけ続けてきました。

その数は、10や20ではありません。

まだ、何も知らない幼い年齢の子にさえ、そうしてきました。

子どもの夢より、親の想いより、自分の利益を優先してきたことは、今でも私の頭を悩ませ続けています。

楽しみを奪わず、自信を与えるのが指導者の役目

勝つとか、結果を出すとか、上手いとか、下手とかじゃないんです。

まずは、みんながサッカーを楽しめて、少しでも上手になれるような環境をつくること。

そして、勇気づけてあげること。

それで十分です。

日本代表選手。

いろんな道を辿って、その場にたどり着きました。

サッカーを始めた時から、日本代表だったわけじゃないです。

もっと言えば、全員が初心者でした。

だから、あと少しだけ、子どもたちに時間を与えてあげてください。

どんな子に、どのような形でその時がやって来るかは、誰にも予測できません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コーチ|成長・クリエイティブ・援助・ユーモアを大切に、やりたいことをカタチにかえる。