12歳でほぼ100%に近づきます【G labo】

12歳までに技術レベルを高めることは重要。

そう言われるのには理由があります。

下の図はスキャモンの発育発達曲線というのもで、身体の各器官が、どの時期にどのくらい発達するかを表した図です。

青い線の「神経型」は、子どもの総合的運動能力や器用さなどに、直接関係する器官です。

おおよそ12歳になる頃には、ほぼ100%に近づくことが分かります。

だから、12歳までに技術レベルを最大限に高めておくことが、非常に重要と言われる理由がここにあります。

蹴った時の音が変わりはじめました

ボールをちゃんと蹴れるようになってくると、蹴った時の音が変わりはじめます。

そうなると、今まで難なくシュートを止めれていたゴールキーパーも、むずかしくなってきます。

こうして、段階的に両ポジションの選手の技術が高まります。

これがBasic+とGS campの特徴。

そのうち、両足でバシバシシュートできて、ゴールキーパーのシュートを止める技術もレベルアップするでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コーチ|成長・クリエイティブ・援助・ユーモアを大切に、やりたいことをカタチにかえる。