トレーニングアカデミー【第6回】

トレーニングアカデミー【第6回】

  • 4月25日(月)
  • 龍北総合運動場サッカー場人工芝
  • 17:10開始
  • 参加者4名
  • 指導 今久保

今日は4人の参加者。少ない人数でのトレーニングでしたが、いいトレーニングでした。

新年度がはじまり、少しずつ学校生活にも慣れてきた頃だと思います。

部活動も本格的に始まり、今週末も試合が行われるようです。みなさんの活躍を期待しています!

小学年代と中学年代の大きな違いは?

  • ボールの大きさ
  • コートの広さ
  • 試合時間

です。

中学1年生になり、3ヶ月から半年ほどの期間にかけて、怪我がめちゃくちゃ多くなる時期です。

怪我の種類は、打撲や骨折などもありますが、膝と腰の怪我に注意が必要です。

中学生になると、上に書いた違いの影響から、関節に負担がかかりやすくなります。

「サッカー選手の成長期の障害」は蓄積され続け、あるタイミングで大きな痛みとなって出てきます。

ストレッチなどの予防策も大切と考えられていますが、とくに大切なのは「休息」です。

とにかくやり過ぎには注意しましょう。そして、少しでも関節の違和感や痛みを感じた時、絶対に我慢してはいけません。

この時期の「小さな痛み」は一生お付き合いする、大きな怪我に繋がることも少なくありません。

焦らず、無理せず、適切な運動負荷を心がけてください。

サッカー選手の成長期の障害

  • オスグット・シュラッター病(膝)
  • 腰椎分離症(腰)

小さな痛みは、大きなサインということを絶対に忘れないようにしてください。

スクール会場

PAGE TOP